2016年11月26日土曜日

94番

作品番号94番が出来た。塗りが、やはり難しく悩んだ。悩んだお陰で新しい塗り方も思いついた。悩むのは嫌いですが、時々報われたりするので良い事もある。
 デザイン的には、片側がややごちゃごちゃし過ぎた。もう少しシンプルでも良かった。
 お尻側が気に入ってるデザイン。今回は塗装の後に全体に思い切って白を塗ってから、サンダーをかけた。ので、やや油絵のようなタッチになった。これはこれで面白いので、今後も使ってみたい。
 やはり、前が重過ぎた。青いパーツをもう少し単純な形にしてやれば正解。
先に作った船型ヤ式空玩との比較。デザイン的には、最初の方がすっきりしてて良って感じだ。

2016年11月12日土曜日

ヤ式空玩の塗装

出来ました。色塗りに何度か失敗して、一度表面を削り直したりしたので、手こずりました。筆塗りなので、色の輪郭を複雑に塗り分けるのは難しいです。基本、パステル調に塗り分けるのが易しい。
 印象画風にパステルタッチで仕上げました。配色も難しいです。作品イメージに合う色は10色前後で、良く使うのは5色くらい。それに薄く他の色を何色か重ねて、違う色のイメージを作ります。
 首は動くようになっている。最後の仕上げ塗装は液体ガラスなのは言うまでもない。芯材のウォルナットを濡れ色にする為にも、最低2回は塗り重ねする。
次はこれを作る。私は、凄く格好良いデザインだと思う。右半分に構造物が殆ど無い所とか、お尻の傾き具合とか、いろいろ・・・これが立体になる事を考えるとワクワクしますし、そうでないと作る価値も無かろう。

しかし塗装でまた、悩みそうです。

2016年10月28日金曜日

次。

今度はこんな感じで。
塗装で更に格好良く仕上げたい。



2016年10月19日水曜日

手押しドラムサンダー盤改

以前の記事で書いた、ドラムサンダーの定盤延長計画を、実行しました。長さ160センチの作業台に、MDFで長さ180センチの定盤を設けました。定盤保護の為に表面には塩ビシートを敷いてます。

基本的に、自動カンナ盤の様に使いますが、治具を利用して手押しカンナの代用としても有効です。定盤が長くなったので、1メートル以上の長さの材でもかなり正確な平面精度が期待出来ます。
 定盤が水平、平面になるように工作するのが、中々手間でしたが、カンナなどで少しずつ台を削って調整してあります。まるで航空母艦の滑走路のようになりました。
 機械部分は本体以外を分解して外してしまいました。新品をばらすので、ためらいもありましたが使い勝手と精度を考えれば、他の部分は必要ありません。
 通常の使用では加工高さは約7センチですが、この空母は上甲板が外せて下甲板でも作業が出来ます。その場合は高さ14センチまで加工で来ます。なので治具を使った場合、幅130ミリまでの板の平面、直角出し加工がこの機械一台で可能です。
 こちらは新作。今回は塗りに変化をつけました。水彩画っぽくしてます。
 縦でデザインしたのですが、横にしてみると意外にしっくりします。ので、横置き型に変更。
前作と並べてみる。満足してます。どんどん仲間を増やしていこう。

2016年9月30日金曜日

間違っていないデザイン。

次はこういうのを作る。今日は形作りまで。
特定のモチーフやイメージなどない感覚的なデザインだけど、間違ってはいないと思う。形を探っていくと結果的に以前考えたのと似たような、記号化された形の組み合わせになっている。

同じ自分がデザインしてるからそうなるのだろうけれど、そうなってしまうという事は、間違っていないという事だ。

また、そこから外れた形を探して行くのも、今後の課題であり楽しみでもある。

2016年9月27日火曜日

ヤ式空玩できた。

完成したヤマドリ式空想木製玩具。ところで、「ヤマドリ式空想木製玩具」では長くて面倒なので、「ヤ式空玩」と短く記述する。
 色はあっさり塗ってみた。もう少しサイズが大きければ、水彩画みたいな感じで塗るのも良いと思ってる。塗りは、作るのとはまた別の難しさと技術と手間が必要なので、大変です。
真正面から見ると、幅が薄いせいもあって間延びした様子に見えてしまうけど、これは飾って2次元的に見て楽しむものなので、あまり多くを期待してはイケナイ。

木製玩具を赤ちゃんや子供の為だけの物と思ってはイケナイ。木製玩具を舐めてはイケナイ。木製玩具を大人の世界に呼び込もう。

木製玩具は2次元と3次元の総合芸術である、なんて事にでもなれば嬉しいが、さて、これから何処まで世界が広がるのでしょうか?

2016年9月23日金曜日

空想木製玩具の製作再開。

軽作業集塵机にフードを付けた。手元の粉塵を息で吹き払うと、丁度良く集塵してくれて心地良い。換気の騒音も大変静かで、良い作業机になってくれた。
 フードは置いてあるだけなので、邪魔な時にはすぐに移動出来る。

これで、工房の整頓作業も一段落しましたので、ようやく作品作りに取りかかる事にした。思えばもう2年以上もマトモに作品を作っていません。

で、手始めに何を作ろうか迷いましたが、先日イメージしたイラストをそのまま作品にしてみる事にした。
 イラストから、図面起こし。強度の事などあまり考えずに、自由に形を作りたいと思ってましたが、いざ図面にしてみるとやはり強度の気になる所が多々でてくる。

絵で描いたままを形にするのは、中々難しいです。
もう木のパーツは完成した。次は塗装です。どう塗ってやろうかな。